安達歯科技工所

歯科技工士・インプラント・ジルコニア・クラウン | 安達歯科技工所

HOME»  自由診療技工物

自由診療技工物

自費技工物

保険等を使わず実費により飛躍的に審美を考慮しつつ強度の事も考えられた技工物
使用されている金属は、高カラッとの貴金属です。

 

自費技工物

虫歯が少し大きく、 歯の全周を削って金属でカバーしている技工物です。
(G-FCKと呼ばれています。)
当技工所では20Kを使用しています。
当然ですが、金色です。

 

自費技工物

歯が1本欠損している症例に使用する技工物です。
真ん中の部分(欠損部)は金属の重さを軽減するため
硬質レジンを使用しています。
銀色ですが、白金が入っているためです。
(G-ブリッジと呼ばれています。)

 

自費技工物

ハイブリッドで作製された技工物です。
補強の為に特殊なファイバー(コネクト)が入っています。
(ハイブリッドインレーと呼ばれています。)

 

自費技工物

少しわかりにくいですが、ハイブリッドで作製された前歯です。
補強の為に特殊なファイバー(コネクト)が入っています。
(ハイブリッドジャケット冠と呼ばれています。)

 

自費技工物

陶材で作製された技工物です。
内面に金属を使用しています。
(メタルボンドと呼ばれています。)

 

自費技工物

陶材で作製された技工物です。
金属を使用せずに作製されています。
(オールセラミックと呼ばれています。)

 

ハイブリッドとは

セラミックでは堅すぎて残っている対合歯を痛めてしまう。
しかし 審美は欲しい。
で 堅すぎず審美も考えられて出来た材料です。

金属を使うことが出来ないアレルギーの症例にも使用できます。

 

ベルグラスNG カー (Kerr)

プレミス
カー (Kerr)

 

 

 

 

セラミックとは

セラミックとは、陶材(せともの)を使った技工物です。
かなり前からある材料もありますが、最新の物もあります。
一昔前の白い歯と言えばこれしか有りませんでした。

 

オールセラミック

現在ではアレルギー症例や審美の為に
金属を全く使わない物もあります。

下の写真の物が金属を使わないセラミックです。

 

オールセラミック

エンプレス エステティック
IPS (白水貿易)
完成品写真撮り忘れにより
製作途中の写真です。

 

 

 

 

メタルボンド

下の技工物は従来のセラミックです。
高カラットの貴金属を内面に使用しています。

 

メタルボンド

少し前からある金属を使っている陶材の歯です。

 

ジルコニアとは



 

ジルコニア人工ダイヤモンドでできた歯です